サクラノオト

書きだめ。自給自足DPerのブログです。

雑記

こんにちは。
7月になり、だいぶ暑くなってまいりましたね。 

BMSイベントも衆院選・A-1・無名戦と目白押しなのですが、毎度のことながらDP譜面が少ない!結局差分を自給自足する!ということで、差分企画の開催に踏み切ることとなりました。(*´ω`*)

Twipla:差分企画

参加者も大募集中ですので、お気軽に参加下さい。

差分初めて作るよ~って方も、難しいのしか作らないよ~って方も、簡単なのしか作らないよ~って方も、自給自足の精神と、作曲者さんへのリスペクトがあれば誰でも歓迎です!



素敵な曲がたくさんあるので、お楽しみに!

オトネ


追伸

 先日、右手薬指に痛みを覚え整形外科で受診したところ、バネ指と診断されました。
 1ヶ月単位でキーボード(音ゲーと言いづらかったのでそう伝えました)をやめるように医師からは伝えられましたが、今年に入ってから3日以上練習を休んだことは無かったのでとても不安ですし、また完治するかもわからない症状であり、この先ビートマニアができなくなってしまうのではないかという虚しさも感じています。

 音ゲーもっと頑張るぞ!と思った矢先の出来事であり、かなり精神的にも動揺していますが、前向きに少しずつ頑張っていこうかと思います。

 またいつかDPができる日を願って、またDPを遊べる日が来るときのためにDP差分を作り続けていきたいと思っています。

お久しぶりです。前回の記事も半年beatmaniaから離れてまた復帰した記事でしたが、今回も(ry

BMSからはかなり離れていたのですが、BOFUが開催されているとのことで、ワクワクしながらパッケージをDL。また差分作ってみるかーーというモチベーションでございます。

一応作りかけの差分は結構あるんですが、なかなか完成せず・・・飽きっぽいので(ぁ
作りかけの差分も随時頑張って完成させたいと思っています!!

SINOBUZZでは刃図羅!!ようやく解禁しまして、次の作品がそろそろ始まるんだな~としみじみとした気分です。

これからも細々と自給自足DPerをやっていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

音ゲーが好きだけど、上達するモチベーションが沸かない人が気まぐれに書いた攻略記事ではないです。

エンジョイ勢してたら魔界に突入し始めてしまって、「どうしようかな~」ってなった人の記事でもないです。

あと、SPの物量に屈してDP専になった人のための記事でもないです。

(「何叩いてるかよくわからないSPより、まったり演奏感あふれるDPのほうが楽しいよね~」とか言ってたら、中伝とかいう壁にぶち当たったエンジョイ勢のために書いた記事では、絶対にないんですからね)


★目次
  • 1 DP中伝に必要な目安は?
  • 2 中伝を取るまでに何をやってきたのか?
  • 3 DP中伝を取るのに必要のないこと
  • 4 今何をしているのか?

 DP中伝に必要な目安は?

 私が初めて合格したのはシノバズの時で、その時の曲目は以下
  1. one more lovely  ←鍵盤多めの足切り①
  2. four pieces of heaven ←着地多めの足切り②
  3. dynamite ←同時押し多めの足切り③+疲労蓄積
  4. Flashes ←本番
 合格時点ではfour pieces of heavenのみイージーが点灯していた状態です
 Cannon Ballersでは、
  1. one more lovely ←足切り
  2. 大犬のワルツ ←本番
  3. dynamite ←疲労蓄積
  4. moon_child ←本番その2
 となっていますが、FlashesのBPが200切れる程度の発狂力を持っていて、大犬のソフラントリル地獄を耐えることが出来るのであれば、中伝は合格できると思います。
 Rootageではグングニール(ファーフルでした)が入ってたような気がしますけど、結局鍵盤です。
 鍵盤いっぱい降ってくるのを、バテずに最後まで押し切れるかどうかの勝負です。
 BMSの段位の目安としては(旧)発狂三段くらいが取れてると良さそうです。 

 中伝を取るまでに何をやってきたのか?
  1. ランプ更新+BP・スコア更新
  2. 左手強化
  3. 同時力強化
  4. 発狂力強化
①まずは当然といえば当然ですが、ランプ更新。記録をするとモチベーションが上がるのでおすすめします。
 一つポイントとして、ハードに拘りすぎないことです。「これ行けるかな?」ってなったら、1回やってみて、行けそうならもう1回、ダメなら諦めるって感じが良いかと思います。粘着厳禁。
 ギリギリでハードが点いた曲のBP減らしは、やってよかったなあと思うことの一つです。一度ランプが付いたら放置してないでしょうか?ハード安定させるのも結構やりがいがありますよ。

②次に左手力強化です。(非利き手の強化はDPerの永遠の課題なんじゃないですかね?)
 ぶっちゃけ必要ないです。
 まぁ、右手が左手が……って意識するようになるのは実際結構遅くて、気持ちが先行してしまいがちです。それで、片手プレイとかやってましたけどあんま意味ないですね。(結論)
 ★こんな時に「左手強化が必要だな~」と思います。
  • 両側きついのが来た時(右手の方は叩けるから、左手が力不足に感じる)
  • トリル、軸(chaos eater絶対に許さん)
 それで、左手強化しようとして安直にDBRとかやると心折れます。片手やっても普通に心折れます。自分は心折れました。
 片手とかDBRとかはまだ早いなって時にオススメなのはFRIPオプションです。譜面を左右入れ替えて右手でやってたことを左手にやらせるわけですね。
 右手が忙しい曲を左に入れ替えたり、とかそんなあからさまなことをしなくても単純に正規系でもう1パターンの譜面がプレイできるので、地力は上がるかと思います。正規が安定してノマゲつく曲が、逆正規(FRIP鏡)だとイージーしかつかない、とかそういう曲がおすすめです。
 左手強化ので焦点になってくるのは1P側の23鍵周りとかかな、と思います。567あたりは親指とか人差し指とか結構ちゃんと動いてくれますからね。

③同時力強化
 乱固定はSPでは主流かな?と思っていますが、DP専にはあまり馴染みのないオプションかもしれません。普通ならここからオススメする流れですが、そもそも今振り返って見ると、中伝挑戦レベルでは不要です。12.2くらいの譜面ではそんなに難しい同時押しは降って来ません。両乱もDBRも中伝取るにはまだ後回しでも遅くはないです。
 一つ言えることがあるとすれば、dynamiteのような同時押し曲がある場合は、ガチ押ししないで脱力することが重要です。その後疲れて押せなくなりますので。

④発狂力(=地力)強化
 癖系をガン無視して鍵盤をひたすらやった結果、鍵盤力だけが先行してしまいました。
 おすすめ譜面挙げるのでやって見て下さい。簡単順です。両乱でやるとなおいいけど、両乱じゃなくても良いです。 
  • Broken 基礎。
  • snow storm DBの変化系うまくなる
  • SPECIAL SUMMER CAMPAIGN! 鍵盤うまくなる
  • rainbow guitar weeps 繰り返し処理うまくなる
  • AA  片手うまくなる
  • FUZIN RAIZIN 早いやつうまくなる
  • adularia 階段うまくなる
  • Colorful Cookie 餡蜜うまくなる
  • refrain 多分オーバーワークだけど良譜面

 
DP中伝を取るのに必要のないこと
  • 連皿力 Dynamiteは鍵盤曲ですので
  • 着地力 Feel The Beat†にハードが付けば十分です
  • 縦連力 ハマるまで待てばいいです
  • 無理皿力 無理皿曲が段位入ることはないです
  • ソフラン力 段位ゲージなら皿チョンで耐えれます
  • ☆11漂白 ☆11未難20でも皆伝取れます
 今何をしているのか?
  • △伸び悩んできた・・・?
  • ▲効果的な練習とは?
△伸び悩んできた…?
 乱かけて適当にやってても12.2で伸び悩む時があると某ブログに書いてありますね。
(あまりにも伸び悩み鬱で自分の方法に自信がなくなり見なおしたら書いてありました。

 12.2、12.3挑戦レベルから伸び悩むことは多いかと思います。ていうかそのレベルになって初めて自分は練習方法を見直しました。一度自分でよく考えてみることが重要だと思います。我武者羅にやって簡単に上達する地点はもう超えているのです。

▲効果的な練習方法とは?
 これは最近良く考えていることです。
 具体例を挙げてみます。『DBRをやるとうまくなるっぽい!』みたいなイメージはあるかと思います。

でも、『何でうまくなるのか?』

 その理由は、DBRでどういう譜面が降ってきて来るか、それによって上達する部分は何処に直結するのか。それが明確になっていないとわからないですよね。

 FlyAboveを考えてみると、BPM150の8分で4つ押しが降ってきます。これが押せたらまぁよほどのことがない限り咄嗟に出てくる大概の譜面の同時押しには困らないでしょう。例えば、reunionの同時押しは楽々押せるでしょう。が、それだけではreunionの階段は捌けるようにはなりませんね。

 つまり、DBRは万能な練習方法ではないんです。勿論、『地力で殴る』ことは可能でしょうが・・・。そこの所をよく分かってないと結構練習法で迷走するかもしれないです。2P(非利き手側で)SPやったり片手やったり・・・。

 曲の譜面傾向を把握して、自分に今どういうスキルが足りていないかを把握して、補強することができれば上達の近道になるのではないでしょうか、というお話です。
 
 とはいえ、効率を追求しすぎると飽きてしまうので、「この曲の乱は楽しいし地力上げにも繋がるから毎回やろう!」みたいな感じで、楽しく上達できる方法を模索するのもいいかもしれないです。

こんにちわ。オトネです。

昨日、発狂初段を受けたらようやく1曲目を抜けまして、大興奮でした。
 まぁ結局3曲目で落ちたんですが、問題の焦点は「段位を受けすぎて癖がついてしまった」ということです。
一回抜けてからというもの、それっきりで、薄々と癖がついたかなとは思っていたのですが、
今日も段位を受けたら136同時が全く押せない事に気が付き、初めて何とかしないといけないなと思いました。


 癖と言うのをちょっとここで自分なりに整理したいと思います。

①なんかうまくいく(初見の場合が多い)
②なんかうまくいかない
③ずっとうまくいかない
④ 全然出来なくなる(今回経験)
※いわゆるサファリとかギガデリ難民は④かな

癖の取る練習として「低速でプレイする」というものがあり、私はこれを行いました。

140BPM→98に落としプレイ、辛うじてハードがつきました。
だから私はこれを何度もやっていればミスカウントが減ると勘違いしました。
それは癖の根本的な原因、生じた理由を突き止めぬまま「癖のついていない部分をうまく叩く」練習だったからです。 

何度もやっていると、癖が再び押せなくなりました。癖が重ねがけされた状態です。
BPMを70にまで下げ(BPM半分は最低速度)やってもついにハード落ち。
この練習方法はそもそも「(ほぼ)フルコンを叩くことで癖を取る」というものでBP40個も出てたら論外なわけです。 
ここで同時押しの流れで指が動かないことに気づきます。
押しづらいとかそういうことではなく指が全く動かない状態です。
つまり、『「(同時押しを)押そうとすると指が動かないで固まってしまう」という癖』がついてしまったのです。
 
これを解消する方法はズバリ「小音プレイ」です。
癖というのは、プレイしまくることで『「譜面の形」と「手の動かし方」』を覚えているものですが、それだけではなく、「楽曲」が癖をを作る要因にもなっているのです。

つまり、今回私は『「楽曲」と「手の動かし方」という結びつきで癖がついていた』ということです。
ヘッドホンを外してかすかに聞こえるくらいでプレイすると、見事押せるようになっていました。(嘘だろ・・・ってかんじです)

癖を正しく見極めて上手に取りましょう。
勿論放置して他譜面乱ノックするのも有りだと思います。 

↑このページのトップヘ